TOKYO LITERACY

T.L.Web制作便利帖

facebook

TOP < T.L.Web制作便利帖

東京リテラシー

2013年10月29日

複数人で管理するwordpressサイトのためのプラグイン

企業サイトでwordpressを使う場合、複数の方がwordpressの管理を行うケースが多いかと思います。
今回はそんなwordpressの複数人管理をサポートするプラグインをご紹介します。

Category Limitation
ユーザーごとに選択できるカテゴリーを制限できるプラグイン。
コンテンツが多岐にわたるwordpressサイトの場合、カテゴリーごとに記事の更新・管理を行う担当者が異なるケースがあります。そういった場合、自分が担当するカテゴリー以外は選択できないようにすることで更新がしやすくなり、投稿ミスのリスクを減らすことができます。

WP Status Notifier
「寄稿者」の権限を持つユーザーが記事を「レビュー待ちとして送信」すると、管理者に自動的にメールが届くプラグイン。
記事を送信したユーザー名、記事のタイトル、記事のカテゴリー、記事のプレビュー用アドレス等が管理者にメールで送信されます。管理者のメールアドレスを複数設定することも可能です。

Duplicate Post
すでに投稿されている記事を複製するプラグイン。
似たような記事を何度もアップするサイトの場合、このプラグインを使うことで記事を1から入力する手間が省けます。複数人で同じ様な記事を何度も投稿する場合はとくに有効です。

Simple Expires
設定した日時がくると自動的に記事を非公開にできるプラグイン。
更新が難しい夜中、明け方などに記事を非公開にすることが想定される場合は必須です。同じようなプラグインがいくつかありますが、このプラグインが一番シンプルで使いやすいと感じました。
あまり複数人管理と関係ありませんが、ここのところ制作したサイトでは必ず入れているので紹介。

T.L.Web制作便利帖インデックスに戻る

tel
メールでのお問合せはこちら